(514,664 - 77 - 251) contents
インターネット経営戦略 - albero
お知らせ |  商品ご紹介 |  はなまるマップ |  インターネットの利用 |  サーチエンジン戦略 |  ダウンロード |  会社案内

インターネットは企業戦略

ホームページを開設したり、メールを利用したりするためには、サーバーやインターネットへ接続するためのネットワークなどを用意しなくてはなりません。 そのうえ、自前でこういった環境を揃えて運用していくのは専門的な知識も必要でなかなか大変です。
そこで、アルベロはインターネットホスティングサービスとして、お客様へその環境をレンタルで提供し、運用・戦略の管理を行っています。
インターネットは企業戦略

インターネットはビジネスを大きく変革させます

現在、企業における経営・戦略においてインターネットは不可欠なものとなっています。Webサイトでのホームページからの情報に始まり、メールのやりとりやファイルの送信・個々のアプリケーションのアップデートまで、様々な用途で利用されています。

インターネットというインフラがなければ成り立たないビジネスが多くなっているのも事実です。また言い換えると、インターネットと知らずに当たり前のごとく利用しているサービスもあります。携帯電話に於けるメールや、音楽配信はインターネットサービスの代表ですが、これをインターネットと意識して利用している方は少なくはないでしょう。

とすると、ビジネスを力強くすることもインターネットなら可能ではないでしょうか。現実にインターネットによって飛躍的にビジネスを活性化した企業は多いのです。当初は、「ネットショップ」が最大の効果のように見られていましたが失敗するお店も多く、これからは違ったかたちで利用することが主流になりつつあります。

インターネット、先んずれば勝つ

NTTは、以前各家庭に配布していた電話帳を大きく削減してきました。これは、携帯電話の普及と、電話帳の存在意義に?が出てきたためです。NTTはインターネットの普及とともに、iタウンページを開設。企業の電話番号をインターネットで公開し、利用者の利便性を高め、かつ膨大な費用をかけていた電話帳を縮小しはじめました。

YAHOO JAPANは、インターネットで利用者間での自由な売買をオークションという名ではじめ、その仲介マージンで莫大な利益を得ました。そして、親会社のソフトバンクはプロ野球団も持ち、そのサイトからゲームをライブ配信しています。

ミクシィは、匿名のブログとメール交換を融合させたコミュニティサイトを構築し、1,000万人のユーザが利用していると言われています。また、音楽配信やイベント企画までできるようになりました。

どの企業も大きく成長していきます。1つの小さな成功が次の結果を大きくさせる。これこそインターネットビジネスの「先んずれば勝つ」なのです。

まずは始める、そして・・・

インターネットをビジネスでとらえると、どの企業もまずは「ドメイン」を取得し、1歩を踏み出しました。「ドメイン」の取得こそ、企業におけるネット戦略の始まりなのです。そして、その次はWebサイトの構築です。

インターネットは遊びのツールではありません。企業の生き残りをかけた戦略にインターネットは不可欠なツールなのです。

個人情報保護ポリシー
このサイト内でのご意見・お問い合わせはalbero Corprationまでご連絡ください。
Copyright(C)2018albero CorprationAll Rights Reserved.