(548,294 - 26 - 152) contents
インターネット経営戦略 - albero
お知らせ |  商品ご紹介 |  はなまるマップ |  インターネットの利用 |  サーチエンジン戦略 |  ダウンロード |  会社案内

メールの重要性

企業経営において利益を確保していくには、「売上」を右肩上がりにするか、「原価」または「費用」を右肩下がりにしていくかしかありません。実に単純な法則です。

単純ですが、これが最も困難なことであることはどなたでもご存じのことです。特に、「売上」を伸ばすのには大変な戦略と実行が必要ですし、「原価」を下げるには仕入先との交渉が難航すのは目に見えています。「費用」を下げるといっても様々な費用があり、どれをどうしたら良いやら、これも大変です。

しかし、メールを活用することで「費用」を下げることはできます。

メールの重要性

1人1人の意識が大事です

インターネットは新しいインフラとして定着しています。そのサービスの中にインターネット・メールがあります。

企業においてメールは不可欠な情報伝達手段ですが、未だに電話・ファックスに頼っている社員は多いのは事実です。ワープロ文書をプリンタで印刷し、取引先にファックスし、その原稿はファックスの後はゴミ箱の中へ・・・。こんなことをしている方も実際にいらっしゃいます。

一人一人にメールアカウントを配布し、できるだけ情報伝達にはメールを利用する。ファックスしていた文書は添付ファイルとしてメールする。これだけでビジネスは確実に変わります。通信費・消耗品費の削減はもちろん、データとして双方に残るため後々のトラブルや失敗を防ぐことができます。

社員全員にメールアカウントを与えて、意識改革をすれば経営者にとってこれほど素晴らしいツールはありません。一人一人の意識の問題と、経営者の意識だけなのです。
個人情報保護ポリシー
このサイト内でのご意見・お問い合わせはalbero Corprationまでご連絡ください。
Copyright(C)2018albero CorprationAll Rights Reserved.